AWS re:Invent2016 キーノート2日目 - 僕のre:Invent最終日。

AWSre:Invent

Written by Kohei Yamada Posted on 2016/12/02



いよいよ僕のre:Inventも最終日となりました。
本日のキーノートはAWS CTOのWarner Vogelsです。
img01

テーマは「Transformations(変革)」とのこと。
img03

ということでスクリーンにはトランスフォーマーが!?
img04

ちなみに彼が着ているTシャツもトランスフォーマーでしたw

CTOなだけあって彼の話は技術的な視点からの話が多いです。なので個人的には昨日よりこっちの方が好きかもw

そして本日もたくさんの新サービスが発表されましたー。


AWS OpsWorks for Chef Automate

Chef AutomateをOpsWorksで利用できるようになりました。ただ日本はまだです。
img05


Amazon EC2 Systems Manager

EC2インスタンスやオンプレミスの構成管理をするサービスです。
パッケージのインストールやパッチ適用、リソース管理などのオートメーション化を実現させることができるとのこと。しかも無料!
運用する側としてはとても助かるサービスですね!
img07


AWS CodeBuild

ソースのコンパイルと単体テストを行うサービスです。
これでSource(AWS CodeCommit) → Build(AWS CodeBuild) → Deploy(AWS CodeDeploy)という一連の流れがAWSで完結できるようになりましたね。
img08


AWS X-Ray

EC2やECS、ElasticBeanstalkなどで実行されるコードからトレースデータを細くすることができるサービスです。
img09


AWS Personal Health Dashboard

AWSリソースに関するメンテナンスイベントを集約してくれるサービスです。
AWSサービスのメンテナンス通知やサービス障害情報を統合してくれるのでとても助かります。
img10


AWS Shield For Everyone

ネットワークとトランスポートレベルのDDos攻撃を防ぐためのサービスです。
無性版と有償版があり、デフォルトだと無性版が機能ONの状態だそうです。
img11
img12


AWS Pinpoint

モバイルアプリケーション向けターゲットプッシュ通知サービスです。
今までAWSには情報を集めて解析するところまでしかなかったところにアクションを起こすサービスが登場しました。
img14


AWS Glue

S3やRDS、Redshiftなどに保存したいろんなデータソースを加工、ロードができるサービスです。
img16


AWS Batch

フルマネージドなバッチ処理実行サービス。
クラスタ管理なしで並列非同期処理を行えるとのこと。さらに課金対象は起動したリソース分のみでサービス自体は無料で利用できるところも良いですね。ただしまだバージニアのみ。
img17


Blox

ECS向けのコンテナ管理やオーケストレーションが行えるOSS。
img18


C# In AWS Lambda

LambdaにC#が登場です。bashはやっぱなかったかw
img19


AWS Lambda@Edge

LambdaファンクションがCloudFrontで出来ちゃうんですか!?すごいですね。
サーバレスへの勢いを加速させるサービスですね。
img20


AWS Step Functions

ワークフローをデザインしてステップ管理ができるサービス。これもまたサーバレスへの勢いがさらに加速ですねw
img21

以上が2日目の新サービス発表でした。
img22

さすがAWSと思わず言っちゃいました。ちゃんとServerlessへの波を掴んでるどころか自分たちで作り上げようとしてるんですから。


re:Play

そしていよいよ本日のパーティーre:Playです。
さすがに前回がZEDDだっただけに今回以上はないかなと思っていたのですが。。。Martin Garrixとのこと。
2012年にデビューしてまだミニアルバムしか出したことないのにDJ Magでランキング1位。それでいて年齢もまだ20歳。まさに今回の「Transformation(変革)」ですね。

re:Play Introducing The #1 DJ In The World.

Kohei Yamadaさん(@maharikumaharitaaaaa)が投稿した動画 -

ということで最後の夜を楽しんで来ます。